プロダクト・インダストリアル


 

勝崎 芳雄

業種

インダストリアルデザイン 現在はイベントの企画・運営

PR 

製品の企画・デザインから、CIの構築、マーク・ロゴのデザイン、
イベントの企画・運営まで、これまでの実績を踏まえ、現在はまちの活性化活動を行っています。“木綿のあかり”は、知多木綿を活かした“まちおこし”のための商品企画・デザインです。

プロフィール

ブラザー工業ではミシン・タイプライターをはじめ多種の製品開発に携わった後、CIプロジェクトに転籍、マニュアル作成から導入まで、一連の業務を行う。
その後、チャイルドシートを主商品に開発するリーマン株式会社に転職、CIの構築から広報宣伝、製品の企画・デザイン開発にかかわる。
退職後はCosmos Design Networkを設立し、地元の中小企業を中心にデザインコンサルを行う。
その後、まちおこしの組織“岡田ゆめみたい”を立ち上げ、各種のイベントを企画・運営し、まちの活性化活動を行っています。

リンク

知多木綿発祥の地“岡田の古い街並み”散策
https://www.aichi-now.jp/spots/detail/2710/
知多木綿 発祥の地 知多市 岡田の街並みYouTube
https://www.youtube.com/watch?v=yydaGC186UU


 

舟橋 辰朗

業種

プロダクトデザイン・デザインアドバイザー

PR 

上段 ピンホールカメラ「イエローパイ」
焦点距離1cmの超広角カメラを自作。レンズは0.1mmの金属板に0.3mmの穴を開けるだけ。撮影は中央の赤いツマミがシャッターで
5秒露光。
 
下段 イエローパイで撮った写真「トウジンソウ」
超広角のため人間の片目の視野とほぼ同じで、しかも人間と同じように手前から無限大までピントが合うから不思議です。手前のトウジンソウまでの距離はわずか3cmです。

プロフィール

主に、プロダクトデザイン全般(商品や製品)にかかわる仕事を主力にしながら伝統産業や地場産業である陶磁器、木桶、木工、桐タンス、絞り等の開発にも取り組む。
愛知県、三重県、石川県技術アドバイザー、Gマーク選定審査員、名古屋市新事業支援センター専門家委員歴任。
(株)中部デザイン研究所代表取締役、愛知県立芸術大学非常勤講師歴任。第25回国井喜太郎産業工芸賞受賞。
フナハシモノコトデザイン 主宰
中部デザイン協会 会長

リンク

株式会社 中部デザイン研究所
http://www.chuubu–design.co.jp
名古屋嫁入り道具
http://www.yomeirigogu.com/


 

和田 眞爾

業種

デザインコーデネーター プロダクトデザイン

PR 

伝統と革新の融合とは最新の技術に人間が本来培ってきた心地よい体の動き、心の動きを調和させるデザインと考えます。私はデザインコーデネーターとして、先端技術と生活を繋ぐ活動を行っています。最近注目して活動しているのは健常者と身障者の中間領域において効果を発揮するサポート機器の開発です。これらは日常生活で不具合を感じた場合や、健康回復のしばらくの間、サポートをしてくれる機器です。そのデザインのためには、伝統と革新の融合の試行錯誤の中にその答えがあると思います。

プロフィール

946年広島市生まれ
武蔵野美術大学産業デザイン学科卒業
三菱重工業㈱デザインセンター勤務
専門はプロダクトデザイン
人と機械のヒューマンイタフェイスデザイン。特に産業分野の製品デザインを担当する。産業機械、建設作業機械、輸送機器、プラント景観他のデザインを行う。その間Gマーク商品多数認定。。
現在は、中小企業のオリジナル商品開発に協力している
中部デザイン協会副理事長 
NPO中部知財コンサルテイング会員

リンク

デザインのプロセス.pdf